生涯学習情報をさがす

講座情報 詳細

種別催物・イベント ジャンル学術・教育(産業・技術)
シリーズ名称秋田県立博物館・2021年・第1回企画展 
名称「美の國の名残」 秋田県立博物館
講師 
回数 期日(期間)2021-04-29 (木) ~ 2021-06-27 (日)
期間備考 時間:9時30分から16時30分/休館日:毎週月曜日  
対象者 
定員 
費用 観覧無料  
内容

秋田県立博物館

美の國の名残

   -2021年第1回企画展ー


 

日時   4月29日(木・祝)~6月27日(日)
 

時間   9時30分~16時30分 

      ※11月1日~3月31日までの期間は16時閉館

       休館日は毎週月曜日 

     ※祝日と重なった場合は翌日火曜日
 

会場  秋田県立博物館 2階・企画展示室
 

料金  観覧無料



 

企画展の内容

 博物館の収蔵資料を「美」という観点から問い直します。かつて博物館にあった美術部門へのオマージュとして、美の国秋田に育まれた美意識を探ります。




 

~ギャラリートークのご案内~
 

日時 ●4月29日(木・祝)

    ●5月15日(土)


内容  担当学芸員による展示作品の解説を行います。
 

※両日とも午後2時から、2階の展示会場にて開催します。

※状況によって中止する場合がございますので予めご了承ください。




 

企画意図

 昭和50年の開館以来、秋田県立博物館が収集してきた資料には多くの美術品が含まれていました。その大半は平成6年にオープンした秋田県立近代美術館へ移管され、秋田の美術を網羅するコレクションとなっています。

 美術部門が収集してきた古美術品は民族、歴史など美術以外の部門において、時代を語る貴重な資料として、その一部が博物館で収蔵され続けました。同じ理由で他部門においても、古美術品などの収集が続けられた経緯があります。

 しかしながら、博物館の組織において「美術」が部門から姿を消したこともあり、美術資料が顧みられる機会は少なく、収蔵庫の奥深く眠ったままでした。他部門が収集した美術品も参考資料として展示説明されても、美術品としての価値や作者についての言及は多くありませんでした。

 今回の企画展はおよそ半世紀をかけて秋田県立博物館が収集してきた様々な収蔵品に目を向け、「美」という観点で迫ろうとするものです。歴代学芸員の幅広い見識と感受性豊かな審美眼に敬意を表し、「美の国秋田」の遺産としてご紹介いたします。この機会に秋田にもたらされ、風土に育まれた美の世界を御高覧ください。



 

※チラシはこちらです↓

会場名称秋田県立博物館 
住所 【地図秋田県秋田市金足鳰崎字後山52 
TEL018-873-4121  FAX018-873-4123 
交通 
問合せ先秋田県立博物館 
TEL018-873-4121  FAX018-873-4123 
E-Mail info@akihaku.jp 
URLhttp://www.akihaku.jp/ 
実施主体秋田県立博物館