行動人 -知と行動が結びついたクリエイティブな循環型社会-
64971

地域住民の触れ合いの場、地産地消の場を創出している人たちがいます。「大好きな町のためにできることを続けていきたい」と話しています。

地域住民の触れ合いの場、地産地消の場を創出している人たちがいます。「大好きな町のためにできることを続けていきたい」と話しています。
[01154]

大原 慶子 さん

手作り工房おおみち 八郎潟町生涯学習奨励員

県央 / 八郎潟町 / まちづくり

>「手作り工房おおみち」代表、八郎潟町の大原慶子さんにお話を伺いました。


>活動を始めたきっかけを教えてください。

20年程前、友達と一緒に秋田市内で行われていた手芸講座に参加し、パッチワークやカントリードール作りを学習していました。
そんなある日、トールペイントに出会い、やってみたくなりました。
月に5回程、2年間トールペイントの講習に通い、基礎部分を学びました。
その後、友達が秋田市内に手芸店を開き、勤めることになりました。
ある日、自分のトールペイントの作品を見たお客様から、作り方を教えてもらえないかという依頼がありました。そして、基礎的な部分の講座を開催させていただくことになりました。
その後、地元で「おおみちガレージ通り」を開催することになり、当時の代表であった江畠節子さんから声を掛けていただき、「手作り工房おおみち」を開かせていただきました。


>トールペイントとは?

木などの素材に、アクリル絵の具でデザインを施したものです。


>活動内容を教えてください。

「おおみちガレージ通り」は、地域住民の触れ合いの場、地産地消の場の創出という目的で13年前から毎週水曜日に開催しています。「野菜ハウス」と「手作り工房おおみち」の2つを地域の主婦ボランティアが運営しています。
「野菜ハウス」では、地元野菜を取り揃えています。服などのフリーマーケットも開催します。通称「しゃべり場」と呼ばれる休憩所もあります。
「手作り工房おおみち」では、古布、和小物から手芸材料等を取り揃えています。私はお客様と会話を楽しみながら店番をしていますが(笑)、他のスタッフがビーズや編物教室を開いています。また、水曜日以外の日は予約制でエコクラフト、カントリードール、パッチワーク、トールペイント等の講習を開催させていただいています。


>今後やってみたいことを教えてください。

「おおみちガレージ通り」の運営、八郎潟町奨励員の活動、共に人のつながりのお手伝いができる立場ですので、これからも進んで活動に取り組みたいです。
創始者の江畠さんは素晴らしい方で、いろいろなことを教えていただきましたので、自分も見習いながら、他の人にも伝えていきたいです。
大好きな八郎潟町のためにできることを続けていきたいです。

印刷する

絞り込み検索画面へ

行動人を探す
facebookでシェアする tweetする