行動人 -知と行動が結びついたクリエイティブな循環型社会-
64974

手作りの道具を通して、地域や既存の物語を題材にした人形劇を披露している劇団があります。「この地域が大好きなので、活動を通して地域の言葉や昔話の伝承、地域の活性化に貢献できれば」と話しています。

手作りの道具を通して、地域や既存の物語を題材にした人形劇を披露している劇団があります。「この地域が大好きなので、活動を通して地域の言葉や昔話の伝承、地域の活性化に貢献できれば」と話しています。
[01301]

松橋 勇子 さん
小玉 洋子 さん
小玉 節子 さん

くりっこ劇団

県央 / 五城目町 / 文化/スポーツ/交流

>五城目町で人形劇団を作り、浅見内公民館を中心に活動を行っている、松橋勇子さん、小玉洋子さん、小玉節子さんにお話を伺いました。


>活動を始めたきっかけを教えてください。

3人共、退職前は幼稚園・保育園の職員でした。退職年度はそれぞれ違いますが、松橋さんが退職した2012年に節子さんと共に劇団を発足しました。仕事でも読み聞かせや人形劇等を行っていましたが、その後退職した洋子さんも加わり、今に至っています。
五城目町を題材にしたもの、地域に伝わる昔話などを取り入れるなど、より深く活動してみたい、それを退職後の生きがいにしたいと思うようになりました。


>活動内容を教えてください。

人形をはじめ、小道具・大道具を手作りした人形劇をしています。
浅見内公民館に小道具などを保管し、月2回例会を開き練習をしています。
地域の交流サロン、老人福祉施設、子ども会、小学校、幼稚園等で人形劇をさせていただいています。また、内川地区の公民館主催の文化祭でも披露させていただいています。
地域特有の「訛」を生かしたり、演ずる地域のネタを盛り込んだりするなど、観客の方々に楽しんでいただくための工夫を考えながら演じています。
常に技術面も高めていきたいという思いはあります。見ていただいた方や町生涯学習課の方などのご意見は、大変参考になります。近隣にプロの劇団の方がおいでになった際、小道具の工夫なども拝見させていただいたりしたこともあります。
なかなか十分な練習時間がとれないこと、資金があまりないので道具の材料を集めることが大変です。でも、観劇している方が目を輝かせて見入っている姿を見ると、「いがったな」と思います。


>今後やってみたいことを教えてください。

町の活性化に少しでも貢献できればいいなと思います。この地域が大好きなので、さびれていくのは寂しいです。五城目の朝市などで披露させていただくことも一つの方法かなと考えています。
また、町の他の地域の言葉や昔話なども題材にしていきたいと思っています。
自分たちも楽しみながら、体力の続く限り続けていきたいです。あと「自分もやってみたい」という人が増えればいいなあと思っています。

印刷する

絞り込み検索画面へ

行動人を探す
facebookでシェアする tweetする