行動人 -知と行動が結びついたクリエイティブな循環型社会-
64975
行動人 -知と行動が結びついたクリエイティブな循環型社会-
下記をご覧ください

紹介内容や役職等は、掲載時のものであり、現在のものとは異なる場合があります。個別の内容、連絡先についての問合せには応じておりません。
詳しくは、本Webサイトのトップページをご覧ください。
トップページはこちらから

お気に入りの本をいつまでも大切にしてもらいたいと、壊れてしまった本を無料で直す活動をしている人たちがいます。「絵本が直ったときに見せてくれる子どもの笑顔は最高です」と話しています。

お気に入りの本をいつまでも大切にしてもらいたいと、壊れてしまった本を無料で直す活動をしている人たちがいます。「絵本が直ったときに見せてくれる子どもの笑顔は最高です」と話しています。
[01302]

椿田 清子さん

パンダのえほん修理屋さん

県央 / 秋田市 / 文化/スポーツ/交流
昨年度の秋田県読書フェスタの様子

昨年度の秋田県読書フェスタの様子


「パンダのえほん修理屋さん」のパンダ先生こと椿田清子さんにお話を伺いました。

 

>「パンダのえほん修理屋さん」とはどんなグループですか。

 

元県立図書館職員を中心として活動する、絵本の修理ボランティアグループです。秋田市フォンテ文庫にて、毎月第3土曜日(午前10時30分から12時まで)、一般の方を対象に、絵本の無料修理イベントを開催しています。また、秋田県児童会館図書室で、毎週水曜日に本の修理ボランティアをしています。その他にも、秋田県読書フェスタ等のイベントに参加し、絵本の無料修理や修理体験、本作り、しおり作り等の工作教室を開催しています。

 

>活動を始めたきっかけを教えてください。

 

定年退職(2011年3月)後、本の修理の活動をしたいと考えていました。一人でボランティアででも・・・と思っていましたが、元同僚(仲間)たちが一緒にやりましょうといってくれたのをきっかけに、皆で活動することになりました。活動は2011年5月に開始しました。

 

>どんな思いで活動していますか。

 

お気に入りの絵本をいつまでも大切にしてもらえたらという思いでやっています。壊れたからといって捨てるのではなく、次の世代に渡していける大切なものとして絵本を考える・・・その手助けをしていきたいですね。そのためにも自分たちがもっている絵本修理の技術をこれからも磨いていき、仲間と一緒に楽しく活動していきたいと思っています。

 

>活動していてうれしいのはどんなときですか。

 

一番うれしいのは利用してくれた人が喜んでくれたときですね。お気に入りの絵本が直ったときに見せてくれる子どもの笑顔は最高ですね。喜んでその絵本を手に持って帰っていくときの姿を見られるのは幸せです。

 

>今後の活動について一言お願いします。

 

ここにくれば絵本を修理してもらえるといういつもの場所で、すてきな仲間と一緒に末永く活動し続けていきたいと思っています。どうぞ私たちが活動している場所に、あなたの今壊れかけている絵本をお持ちください。お時間があれば直し方も教えます。

また、私たちは、公共施設や福祉施設、幼稚園や保育所等どこへでも伺います。私たちとコラボして何か新しいことをやってみませんか?お声かけください。

<私たちができること>全て無料

・絵本や本の修理ができます!

・絵本や本の修理ワークショップができます!

・工作教室ができます!(しおり、カード、ブックカバー作り、自然工作など)

・おはなし会ができます!

・歌えます!

・踊れます!(フラメンコ&フラダンス)

・宴会プロデュースします!

 

<連絡先>秋田市立中央図書館明徳館文庫(フォンテ文庫)電話018-893-6167


印刷する

絞り込み検索画面へ

行動人を探す