行動人 -知と行動が結びついたクリエイティブな循環型社会-
64975

ちぎり絵教室を開いて、町民に教え続けている人がいます。町の文化祭やチャリティフェスティバルはもとより、県内各地で作品展示を行い、町の風景や盆踊りの様子を「創作ちぎり絵」として制作発表しています。

ちぎり絵教室を開いて、町民に教え続けている人がいます。町の文化祭やチャリティフェスティバルはもとより、県内各地で作品展示を行い、町の風景や盆踊りの様子を「創作ちぎり絵」として制作発表しています。
[01358]

安田 年子さん

八郎潟町生涯学習奨励員・ちぎり絵教室

県央 / 八郎潟町 / 文化/スポーツ/交流


>ちぎり絵教室代表の安田年子さんにお話を伺いました。

 

>活動を始めたきっかけを教えてください。

 

教職を早めに退職し、平成6年、「和紙ちぎり絵」を習い、7年に公認指導免許を取得し、その年、公民館活動として1年間教室を開催しました。

その後、自主活動として教室を自宅に移し約20年続けて現在に至っております。

 

>活動内容を教えてください。

 

月2回水曜日を中心として、昼の部(9時から12時)と夜の部(7時から9時)に教室を行っています。

年間事業として、町の『癒しの駅 ほっと』という喫茶店で3回、金融関係の北都銀行八郎潟支店と五城目支店、秋田銀行五城目支店等で作品展示をしております。

その他に、県の展示会でアトリオンに5回、町の産業・芸術文化祭、公民館ホール、チャリティーフェステバルにも作品を展示しております。

八郎潟町の風景(森山や八郎潟湖畔など)や一日市盆踊りや願人踊の創作ちぎり絵を制作発表しています。

 

>今後やってみたいことを教えてください。

 

以前に、五城目町の五城館で展示会を開催したことがありましたが、27年秋頃に2回目の展示会を開催したいと思います。開催に向けて教室の皆さんとちぎり絵制作に励みたいと思っております。


印刷する

絞り込み検索画面へ

行動人を探す
facebookでシェアする tweetする