行動人 -知と行動が結びついたクリエイティブな循環型社会-
64917

『地域づくりは小学校を活動拠点に』泉学区における地域コミュニティ活動を牽引した人がいます。郷土の歴史をまとめた「泉五庵山を眺む」を綴り、「泉の歴史やまちづくりについて伝えていきたい」と話しています。

『地域づくりは小学校を活動拠点に』泉学区における地域コミュニティ活動を牽引した人がいます。郷土の歴史をまとめた「泉五庵山を眺む」を綴り、「泉の歴史やまちづくりについて伝えていきたい」と話しています。
[01872]

富樫 清弘さん

県央 / 秋田市 / まちづくり
      「泉五庵山を眺む」

      「泉五庵山を眺む」

      まちづくりの記録集

      まちづくりの記録集

「泉五庵山を眺む」の執筆をはじめたきっかけを教えてください。
 これまでは県生涯学習センターのあきたスマートカレッジなど関心のある講座に、知識の吸収という思いで受講していました。今年度受講した「行動人講座」の中で、「行動人」の理念に触れ、何か惹かれるものがあって、「泉五庵山を眺む」を執筆しようと思い立ちました。秋田市の平和公園(墓地公園)は誰でも知っていると思いますが、その山を「泉五庵山」と呼ぶことは知らない方々が多いと思いますので、そのような方々に読んでいただきたいです。
(「泉五庵山を眺む」は、県生涯学習センターの資料サービス室でご覧いただけます)

泉地区の地域コミュニティをつくってきたこれまでのあらましについて教えてください。
 昭和38年当時、今の泉地区は一面が田んぼで、周りの地区の住民が泉に来て耕作していました。昭和51年に秋田市で土地区画整理事業が開始されると、開発が一気に進み住宅環境が良くなりました。私自身は子どもを通して小学校や町内会活動にかかわるようになり、商工会で地域振興に携わってきた経験を生かして、泉の町内会づくりや「泉の夏まつり」など、住民の絆がつながる諸活動を多くの仲間や団体と一体となって行ってきました。
 特に力を入れてきたのは、団体で地域活動を行うときには小学校を巻き込んで裾野を広げたことです。「泉の夏まつり」で興した『泉おんど』は「泉の夏まつり」ではもちろんのこと、泉小学校の運動会でも長年にわたって踊ってもらうようになり、今は若い世代の方にも広がっています。自分の引退後も新しい役員の方々が後を引き継いでがんばっている様子を見て嬉しく思っています。

これからの活動について教えてください。
 泉の歴史やまちづくりについての講話依頼があったら喜んで引き受けたいと思っています。地域のためにも、自分のためにも新たな分野に挑戦し伝えていきたいと思っています。

印刷する

絞り込み検索画面へ

行動人を探す
facebookでシェアする tweetする